home ホーム search 検索 -  login ログイン  | help ヘルプ

find 検索

31 - 40 / 1300    [|<]  [|<]  [<]  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   [>]  [>|][>|]
タイトル/名前 更新者 更新日
技術/VirtualBox/VMをUSBからブートする参考メモ msakamoto-sf 2017-03-19 13:44:30
プロフィール msakamoto-sf 2017-02-12 20:09:33
技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ5(VirtualBoxの共有フォルダー) msakamoto-sf 2017-02-12 19:57:24
技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ4(LVMでXFSのrootパーティションをマウントしたままオンライン拡張) msakamoto-sf 2017-02-12 19:51:31
技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ3(EPELリポジトリの追加, Xfce4インストール + ibus-daemonで日本語入力) msakamoto-sf 2017-02-12 19:45:43
技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ2(日本語入力, ページャ選定, SELinuxとファイアウォールの無効化) msakamoto-sf 2017-02-12 19:39:29
技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ1 msakamoto-sf 2017-02-12 19:35:26
技術/Linux/CentOS/VirtualBoxにインストールメモ(CentOS6, 2014-01版) msakamoto-sf 2017-02-12 19:29:47
日記/2015/03/16/CentOS7でApache HTTPDとPHPをインストールした手順メモ msakamoto-sf 2017-02-12 19:24:02
JavaScript/Node.js/CentOS7にnvmでNode.jsインストール例(2015-03) msakamoto-sf 2017-02-12 19:23:53
ソート項目 / ソート順     1ページ 件ずつ表示

技術/VirtualBox/VMをUSBからブートする参考メモ  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-03-19 13:43:58
カテゴリ: Linux VirtualBox 

技術/Linux/Ubuntu 16.04 LTSのブートUSB作成例(2017-03時点) で作成したUSB起動ドライブで、VirtualBoxでUSBブートさせたときの参考リンク。

基本上記そのままでOKだった。違ったのはデバイスの番号(?)だけ。

他参考:



プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-19 13:44:30
md5:4a80332d819a6325695e262e25feacc7
sha1:b5134a08fcd89814449dc2214a55b49b738c8e7c

プロフィール  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2008-11-24 01:04:10
カテゴリ:

msakamoto-sfのプロフィール

本名
坂本昌彦, 1981年生まれ
出身地
千葉県香取市*1
主に使うプログラミング言語
PHP, Java

PHPは趣味です。仕事ではJavaをメインとして雑食性です。C(Windows, UNIX)/VB/Ruby/Perlなどの使用経験が有ります。

  • 2004/04 - 2009/07 : 東京都立川市内のソフトハウスでPGとかSEなどに従事。
  • 2009/09 - 2009/12 : 東京都内にてポータルサイトの開発に従事。
  • 2009/12 - 2011/05 : 無職
  • 2011/05 - : 東京都内のWebアプリケーション脆弱性検査業務に従事。

GitHub:

XhwlayというPHPライブラリと、このサイトでも使っているYakiBikiというWikiクローンをマイペースで開発しています。

座右の銘

BRAIN VALLEY (瀬名秀明, 角川書店), 下巻 382p(ハードカバー版)より:

この世で最も厄介な人種は科学者だ。
精神は小学生より幼稚であるにも関わらず、人一倍プライドと体面を気にかける。
彼らは決して社会に出してはいけない。
山奥に隔離し、ふんだんな機材と試薬と実験動物を与えて飼い慣らすに限る。
そして時々、お前が世界で一番偉いのだと声をかけてやるのだ。
そうすれば100年に一度くらいは有益な成果を上げるかもしれない。
だがいずれにせよ、愚かで小賢しい存在であることに変わりはない。

本書中に登場する、とある人物からの視点。
「科学者」→「プログラマ」なり「SE」なり「IT技術者」なり「ギーク」なりに置換する。
トラウマ級に精神に刻み込まれた、戒めの言葉。

読んだ本

読書 参照

好きな絵師

  • 智内兄助
  • 清原啓子(銅版画)
  • 松井冬子
  • 冬目景(漫画家)
*1: 旧佐原市

プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 8
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 20:09:33
md5:12ea963638013043a5bf341e2967b5e9
sha1:b66d526b255977af256ed3676906c383e5708b45

技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ5(VirtualBoxの共有フォルダー)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-16 19:55:12
カテゴリ: CentOS7 Linux VirtualBox 

CentOS7をVirtualBox 4.3.24 にインストールした、技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ4(LVMでXFSのrootパーティションをマウントしたままオンライン拡張)の続きです。

今度はVirtualBoxの共有フォルダーを設定し、ゲストOSのCentOS7からマウントしてみます。

(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:57:24
md5:afe2e4e55192ebb35654298126724bee
sha1:d814d37259d62db3cdd1ed7a6c0452b0c7ff9d38

技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ4(LVMでXFSのrootパーティションをマウントしたままオンライン拡張)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-15 19:48:13
カテゴリ: CentOS7 Linux VirtualBox 

CentOS7をVirtualBox 4.3.24 にインストールした、技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ3(EPELリポジトリの追加, Xfce4インストール + ibus-daemonで日本語入力)の続きです。

今回のインストール作業では、最初にVMを作成した時の8GBのディスクイメージでこれまで作業してきました。しかしこの先、実験とか勉強とかで作業してくと、8GBでは容量不足です。そこで、VirtualBoxで20GBのディスクを追加し、LVMでrootパーティションを拡張してみます。

(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:51:31
md5:4633388366ecdfabd44aedc083af7b04
sha1:a3a7ed3e739b0016cd96da5d221db4b5b03c4b4e

技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ3(EPELリポジトリの追加, Xfce4インストール + ibus-daemonで日本語入力)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-15 19:41:43
カテゴリ: CentOS7 Linux VirtualBox 

CentOS7をVirtualBox 4.3.24 にインストールした、 技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ2(日本語入力, ページャ選定, SELinuxとファイアウォールの無効化) の続きです。

今回はGNOME/GNOME Classicが重い+trackerが異常終了してから、なぜか"Application"メニューの"Utilities"カテゴリが空っぽになったり、"Activities"から"Show Application"で"All"を選んでも空っぽになったりと、GNOMEの調子が悪くなってきたので、趣向を変えてXfce4を入れてみることにしました。

日本語入力以外は比較的すんなり動いてくれたんですが、これはもしかしたら、GNOMEの状態でフォントを入れたり日本語入力(libkkc, ibus-kkc)の設定調整を行っていたのも影響あるかもしれません。GNOMEを一度も動かさず、最初からXfce4を入れて設定を進めた場合に、今回と同じ設定でうまく動くのかは不明です。

(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:45:43
md5:0e0a1874e11b64f4e7058fd75b529d14
sha1:09baea5939e60741de60aad146f959d6e16a5cb9

技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ2(日本語入力, ページャ選定, SELinuxとファイアウォールの無効化)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-15 19:36:29
カテゴリ: CentOS7 Linux VirtualBox 

CentOS7をVirtualBox 4.3.24 にインストールした、 技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ1 の続きです。

なお、今になって辿り着いたんですが以下の記事がインストールから丁寧に書かれてて助かりました。

(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:39:29
md5:849fabab2afda986570c96aa61039322
sha1:519e4714b7a26d4b4e4baad2e2d9d06731b0c87b

技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ1  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-15 19:30:17
カテゴリ: CentOS7 Linux VirtualBox 

勉強のためCentOS7をVirtualBox 4.3.24にインストールしてみた作業記録です。(2015-03時点)

  • CentOS 7.0 (x86_64)
  • VirtualBox 4.3.24 (x86_64) on Windows7SP1
  • インストールタイプ : Server with gui
  • キーボード : Japanese を追加(jp)
  • 言語環境 : English に設定
  • インストール中にrootパスワードと一般ユーザを追加。
    • 一般ユーザ追加のところで、administratorかチェックできる。試しにチェックしてみた。
(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:35:26
md5:bc6a1cfaad91c10a4b19500bf8d18147
sha1:4f29c169a44d0770a8844e8f6031dcfdc665af55

技術/Linux/CentOS/VirtualBoxにインストールメモ(CentOS6, 2014-01版)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2014-01-18 23:45:41
カテゴリ: CentOS6 Linux VirtualBox 

CentOS6 (正確には6.3)をVirtualBoxにインストールして、Guest Additionsを導入+多少の環境構築するまでのメモ。

環境:

VirtualBoxホスト : Win7SP1 64bit
VirtualBox 4.3.6
インストールISOイメージ : CentOS-6.3-x86_64-bin-DVD1.iso

rpmforge リポジトリを追加して、DKMS (Dynamic Kernel Module Support)をインストール

まず yum-plugin-priorities パッケージを入れて、リポジトリの優先度を設定してrpmforgeが優先されないよう調整する。

# yum -y install yum-plugin-priorities
→
# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
"[base]", "[updates]", "[extras]" のCentOS本家リポジトリに
priority=1
を追記

rpmforgeを追加する。

rpmforgeを追加できたら、DKMSと開発者ツールをインストールする。

yum --enablerepo rpmforge install dkms
yum yum groupinstall "Development Tools"
yum install kernel-devel kernel-headers

開発者ツールとkernelの開発用パッケージは、Guest Additions インストール時のkernel moduleのビルドで必要となる。

参考:

インストール~VirtualBoxのGuest Additionsのインストール

  • インストールタイプはGUIを使いたかったので "Minimal Desktop" を選択。
  • インストール後、ひとまず "System" -> "Administrations" -> "Software Update" でパッケージを更新。沢山アップデートかかってて、多分依存性解決とかでCPUをたくさん使って、20分位フリーズしたかのように無反応になるけどちゃんとアップデート出来ました。
  • システムを再起動。
  • Guest Additionsのインストール時にkernelモジュールのコンパイルが必要なので、上記のようにDKMSや開発用パッケージをインストールする。
    • もし入れ忘れて Guest Additions のインストールを開始してしまっても、インストールスクリプトがちゃんとwarningしてくれて、ログも出力してくれますので、丁寧に追っかけて必要パッケージを入れなおして、リトライすれば大丈夫です。
  • その後、VirtualBox側のメニューからGuest Additionsをインストール。

他、参考

その他

  • CentOS6のデフォルトのリポジトリには"lv"コマンドが無くて驚愕した。
    • rpmforgeリポジトリでは提供されているので、先にrpmforgeリポジトリを追加すれば、"yum install lv" でインストール出来る。

参考:

  • git入れようとして "yum install git-all" したが emacsとかsubverison関連も一緒くたに入れようとしたのでキャンセル。
    • 質素に "yum install git tig" で済ませた。
  • 多分ホストPCのハードウェアに関連してると思うが、CAPS LOCKの有効・無効タイミングがずれる。ホストでCAPS LOCK ON/OFFしても、すぐにはGuest側に反映されなかった。一瞬遅れて反映される。
    • しかも、Guest側に反映されないそのコンマ何秒かの間にGuest側でキー入力を行うと、Guest側で反映がスルーされて、ホスト側ではCAPS LOCK ON(or OFF)になったのに、Guest側ではOFF(or ON)のまま、という状態になる。
    • そうなると、なんどかCAPS LOCK ON/OFFとキー入力を繰り返し、もう一度、わざとズラさないと、同期されない・・・。謎。
  • →解決 : 日記/2014/04/26/VirtualBox 上の CentOS6 の GNOME で CapsLock がおかしい件が解決


プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 3
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:29:47
md5:09018cce3b3b5c68f7ad8da13ed7d325
sha1:4ea77d59c9097d3167417fb1aa0ee08fd925d6ac

日記/2015/03/16/CentOS7でApache HTTPDとPHPをインストールした手順メモ  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-16 19:20:55
カテゴリ: Apache CentOS7 Linux PHP 

ググれば沢山出てきますが、備忘録的にメモ。

Apacheのインストール:

# yum install httpd

→他にもいっぱい(SSL無し):
# yum install httpd httpd-devel httpd-manual httpd-tools 

PHPのインストール:

# yum install php php-cli php-mbstring 

設定ファイル:

  • Apache : "/etc/httpd/conf/httpd.conf", "/etc/httpd/conf.d/" 以下の各モジュールごと。
  • PHP : "/etc/php.ini", "/etc/php.d/" 以下の各モジュールごと。
Apacheの設定ファイルのsyntaxチェック:
# apachectl configtest

起動:
# systemctl start httpd

停止:
# systemctl stop httpd

再起動:(gracefulの仕方は調査サボってます)
# systemctl restart httpd

自動起動ONか?:
# systemctl is-active httpd

自動起動の設定:
# systemctl enable httpd

参考:


プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:24:02
md5:f93d5ee5d390ee83c3737819880d5b30
sha1:f092e60e63f3c541be5da3a59cbe7bb7cd60df4b

JavaScript/Node.js/CentOS7にnvmでNode.jsインストール例(2015-03)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-22 19:15:17
カテゴリ: CentOS7 JavaScript Node.js 

CentOS7に、勉強用にnode.jsをnvmでインストールしてみたメモです。


# 準備として、"Development Tools" グループパッケージをインストール
$ sudo yum groupinstall "Development Tools"

# nvmのインストールは公式の通りです。
$ git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

# nvmを有効化します。
$ source ~/.nvm/nvm.sh

# インストール可能なnode.jsのバージョン一覧を確認します。
$ nvm ls-remote

# バージョン指定でnode.jsをインストールします。
$ nvm install v0.11.16

# 利用するバージョンを指定します。
$ nvm use v0.11.16

# インストールしたバージョンを確認
$ nvm ls

# nvm自身のバージョンを確認
$ nvm --version

# 現在のnode.jsのバージョンを確認
$ node --version

ここまで来たら、ターミナル起動時にnvmを有効化するよう、 "~/.bashrc" or "~/.profile" or "~/.zshrc" のどれかに、"source ~/.nvm/nvm.sh" を追記。
node.jsも有効化するのであれば、 "nvm use (バージョン)" も追記。

参考:



プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:23:53
md5:de0808df6ac7f1e208ff9e2fdd90abd4
sha1:7d78fce0d03e0236e2ae71a2291d707c80504d94