home ホーム search 検索 -  login ログイン  | help ヘルプ

find 検索

21 - 30 / 1297    [|<]  [|<]  [<]  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   [>]  [>|][>|]
タイトル/名前 更新者 更新日
Java/CRaSH(監視向けリモートシェル) 参考URLメモ msakamoto-sf 2017-06-26 19:04:10
SideBar msakamoto-sf 2017-03-26 13:57:09
プライバシーポリシー msakamoto-sf 2017-03-26 13:55:17
Java/JCE Unlimited Strength Jurisdiction Policy Files + security関連の設定ファイルをカスタマイズしたJREの頒布について調査メモ msakamoto-sf 2017-03-26 13:07:40
日記/2017/03/26/faviconを設置してみたけど、色々増えてた msakamoto-sf 2017-03-26 13:04:27
FrontPage msakamoto-sf 2017-03-20 22:01:45
技術/Linux/Ubuntu 16.04 LTSのブートUSB作成例(2017-03時点) msakamoto-sf 2017-03-19 20:54:10
技術/VirtualBox/VMをUSBからブートする参考メモ msakamoto-sf 2017-03-19 13:44:30
プロフィール msakamoto-sf 2017-02-12 20:09:33
技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ5(VirtualBoxの共有フォルダー) msakamoto-sf 2017-02-12 19:57:24
ソート項目 / ソート順     1ページ 件ずつ表示

Java/CRaSH(監視向けリモートシェル) 参考URLメモ  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-06-26 18:59:53
カテゴリ: Java 

Javaの監視にはJMXがあるが、その他に、れっきとした「シェル」としてコマンドラインインターフェイス経由でJVMの内部状態を問い合わせたり、コマンドを発行できるフレームワーク兼ライブラリとして「CRaSH」というのがあるので参考URLだけメモ。

telnetやSSHでログインできるれっきとした「シェル」を内部で起動させ、そこから独自コマンドで情報を取得したり、あるいはGC実行など副作用のある処理を実行することができる。

独自コマンドについてはデフォルトでJVMの監視で最低限必要なものは備えていて、Groovyスクリプトで拡張や追加ができるらしい。

Springなど著名FWでも組み込まれており、実績もある。JMXよりはライトウェイトな使い方になるかもしれない。

その他参考:



プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-06-26 19:04:10
md5:088d8c1745ad8dd8069066dca4165942
sha1:51c8f3a3df4f77f99179edafc7a0da05c9f99b82

SideBar  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2008-11-23 18:22:11
カテゴリ:

2018-01-28 2018-01-21 2018-01-04 2018-01-02 2017-12-31 2017-12-16 2017-11-23 2017-11-19 2017-10-21 2017-10-09 2017-10-07 2017-10-06

最新コメント10件
2009-03-21 by msakamoto-sf

プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 15
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-26 13:57:09
md5:a86f817d4f48993d70ff288bc7f69737
sha1:f11fe1a27260645620fc846ece9bb1bc201036a3

プライバシーポリシー  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-03-26 13:42:32
カテゴリ:

本文書は、当サイト(Glamenv-Septzen.net)における個人情報の保護およびその適切な取り扱いについての方針を示したものです。

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト https://affiliate.amazon.co.jp/ )を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくは https://www.google.com/policies/privacy/partners/ をご確認ください。

当サイトへのリンクについて

当サイトは完全リンクフリーです。
トップページ、記事など、正規に公開しているページであれば、どのページにリンクしていただいても問題ありません。
ただしインラインフレームの使用や、画像への直リンクなどは禁止させて頂いております。

免責事項

当サイトに掲載する情報は記事公表時点の正しいものを提供するよう努めております。
ただし、提供している情報、リンク先などにより、いかなる損失や損害などの被害が発生しても当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

リンク先の商品は当サイトが販売しているのではなく、各リンク先店舗での販売となります。
購入方法、その他お問い合わせは各店舗までご確認ください。
商品購入に関するトラブルに関しては、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。

著作権について

当サイト「Glamenv-Septzen.net」に掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。
当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。
ただし、全文転載はお断りいたしております。
引用許可範囲についても、事前予告なくこれを変更する事があります。
また、当サイトのRSSを利用し、コンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。

初出掲載:2017-03-26


以下の記事を参考にさせていただきました:


プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-26 13:55:17
md5:7c61b5893c9311e068aabaac8ed236d8
sha1:5cfb1c132250f2d7d5347e1aaca09b05fa6447e8

Java/JCE Unlimited Strength Jurisdiction Policy Files + security関連の設定ファイルをカスタマイズしたJREの頒布について調査メモ  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-03-26 00:04:28
カテゴリ: Java 

以下のカスタマイズを行ったJREを、独自開発のJavaアプリケーションと共に頒布できるか調べたメモ。

頒布したい要件:

  • Windows用の64bitのJREバージョン8を頒布したい。
  • 頒布対象は社内 + 社外

注意:著者個人の見解であり、Oracleに確認した結果ではありません。

先に結論だけ書くと、上記カスタマイズを行ったJREを、独自開発のJavaアプリケーションと共に頒布することは「できない」と思われる。

(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-26 13:07:40
md5:447670df2df287a38a2b6a05e209ed8d
sha1:ae19ffde511ecf26860d4a855917a79960d550b4

日記/2017/03/26/faviconを設置してみたけど、色々増えてた  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-03-26 12:51:45
カテゴリ: Web 

今頃になってfaviconを設置してみたが、単にfavicon.icoファイル単品で置いて終わり、という時代の知識で止まっていたため、色々増えてて勉強し直しになってしまった。

  • PNGが使えるようになってる。
  • Chromeならandroidのホーム画面向けの指定が増えてる。
  • SafariならiOSのホーム画面向けの指定が増えてる。
  • IE11ならWin8/10以降でのスタートメニューへのピン留め用指定が増えてる。

メジャーどころのブラウザ/プラットフォームベンダからの公式ドキュメント系:

favicon作るのも、色んなサイズを用意する必要が出てきてる。それらに対応したfaviconジェネレータも、Webサービスとして色々見つかった。

今回使ったのはこちら:

これで生成した画像ファイルと、browserconfig.xmlを組み込んだ。manifest.jsonについては、本サイトのようなblogサイト程度であれば不要と判断し、設置は見送り。

他にもこちらが評判良いらしい。(今回は試してない)

その他参考にしたサイト:


プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-26 13:04:27
md5:23c9f3614230d10e8b02f652ad2d2a30
sha1:a0a7ac921c33289269a2943462e522cba4e9a695

FrontPage  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2008-11-23 18:22:11
カテゴリ:

Glamenv-Septzen : ぐらめぬ・ぜぷつぇん

msakamoto-sf こと 坂本昌彦 によるプログラミング技術を中心としたブログ兼Wikiです。


使用しているツールの制約上、コメントやトラックバックは受け付けられません。
本コンテンツへのご意見もしくはコメント投稿用アカウント申請については、Eメールにて下記アドレスまでご連絡下さい。

sakamoto.gsyc.3s@gmail.com

なお、2001 - 2003年にかけて作成し、Niftyホームページ上にて公開していたコンテンツについては以下を参照して下さい。*1

風晶のC言語プログラミング
https://www.glamenv-septzen.net/nifty/index.html
2010年頃作ってた英語出張版
https://www.glamenv-septzen.net/en/
*1: 技術・非技術系問わず内容が非常に古くなっています。坂本の大学生時代の活動内容としてメモリアルページとして利用して下さい。

プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 12
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-20 22:01:45
md5:30bee1164dde1456fc7383e0344530a9
sha1:cede6a63238e0e05c9e380e5e933827c3bab777e

技術/Linux/Ubuntu 16.04 LTSのブートUSB作成例(2017-03時点)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-03-19 13:22:39
カテゴリ: Linux Ubuntu 

2017-03時点で、Windowsホスト上でUbuntu 16.04 LTSのブートUSBを作成したので、そのメモです。

といっても、2017年時点ではLinuxのブートUSB作成手順は十分「枯れた」状態で、安定して使えるフリーソフトがいくつか出ており、日本語での解説記事も豊富です。
Linuxディストリビューション側も、今やブートUSBに対応「していない」ディストリビューションの方が少数派のようです。
よって、今回のポイントは「どのUSB書き込みソフトを使うか」の一点だけでした。特に技術的な挑戦ポイントはありません。

2017-03時点で、主に以下のようなUSB書き込みソフトが有名みたいでした:

今回は「Rufus」を使ってみました。他のソフトは未検証です。「Rufus」を選んだ理由としては、USBWriterは2015年でリリースが止まってる一方でRufusは2017年と新し目のリリース、Universal USB Installerはあまりにもパラメータが少なすぎて、決め打ちっぽくて怖い、UNetbootinもディストリビューション選ぶみたいで中で何してるか分からない、などの消去法に従いました。

Ubuntu については公式より 16.04 LTS の Desktop 版ISOイメージをDLしました。特に日本語作業などもしてないので、Ubuntu 公式の、Installer付きのLiveCD/DVDのDesktopイメージそのままです。

2017-03-19 時点では 16.04.2 LTS となっていますが、手元で作業したときのファイル名は "ubuntu-16.04.1-desktop-amd64.iso" でしたので、もしかしたら1つ古かったかもです。

isoファイルがダウンロードできれば、後は簡単です。USBメモリをPCに差し込み、認識できたら Rufus を起動します。(今回は rufus-2.12.exe を使用)
Rufusも、ダウンロードしたexeを単体で起動できるのでシンプルで楽ちんです。

あとは以下のようにオプションを指定します。「ブートディスクを作る」のプルダウンメニューで「ISOイメージ」を選択肢、右横のアイコンをクリックしてISOファイルを選択します。


「新しいボリュームのラベル」は、空のままでしたが、ISOファイルを選択したら自動で「Ubuntu 16.04.1 LTS amd64」と入りました。
「準備完了」となれば、「スタート」ボタンをクリックします。

USB3.0接続なら、数分待てば書き込み完了です。
(なお、内部ではsyslinuxを使っているらしく、今回使ったバージョンではsyslinuxの自動ダウンロードを聞かれました。OKかなにかして、そのまま進めた所、rufusのexeと同じ場所に "rufus_files" というフォルダが作成され、そこにsyslinux関連フォルダ・ファイルがDLされました)

あとは実際にUSB起動してみて、動作確認できればokです。

参考:



プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 2
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-19 20:54:10
md5:c5467714cc6d9f706a1565218964df07
sha1:195aa937fd0ce34c715b93af0b2199dd8ae32425

技術/VirtualBox/VMをUSBからブートする参考メモ  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2017-03-19 13:43:58
カテゴリ: Linux VirtualBox 

技術/Linux/Ubuntu 16.04 LTSのブートUSB作成例(2017-03時点) で作成したUSB起動ドライブで、VirtualBoxでUSBブートさせたときの参考リンク。

基本上記そのままでOKだった。違ったのはデバイスの番号(?)だけ。

他参考:



プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-03-19 13:44:30
md5:4a80332d819a6325695e262e25feacc7
sha1:b5134a08fcd89814449dc2214a55b49b738c8e7c

プロフィール  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2008-11-24 01:04:10
カテゴリ:

msakamoto-sfのプロフィール

本名
坂本昌彦, 1981年生まれ
出身地
千葉県香取市*1
主に使うプログラミング言語
PHP, Java

PHPは趣味です。仕事ではJavaをメインとして雑食性です。C(Windows, UNIX)/VB/Ruby/Perlなどの使用経験が有ります。

  • 2004/04 - 2009/07 : 東京都立川市内のソフトハウスでPGとかSEなどに従事。
  • 2009/09 - 2009/12 : 東京都内にてポータルサイトの開発に従事。
  • 2009/12 - 2011/05 : 無職
  • 2011/05 - : 東京都内のWebアプリケーション脆弱性検査業務に従事。

GitHub:

XhwlayというPHPライブラリと、このサイトでも使っているYakiBikiというWikiクローンをマイペースで開発しています。

座右の銘

BRAIN VALLEY (瀬名秀明, 角川書店), 下巻 382p(ハードカバー版)より:

この世で最も厄介な人種は科学者だ。
精神は小学生より幼稚であるにも関わらず、人一倍プライドと体面を気にかける。
彼らは決して社会に出してはいけない。
山奥に隔離し、ふんだんな機材と試薬と実験動物を与えて飼い慣らすに限る。
そして時々、お前が世界で一番偉いのだと声をかけてやるのだ。
そうすれば100年に一度くらいは有益な成果を上げるかもしれない。
だがいずれにせよ、愚かで小賢しい存在であることに変わりはない。

本書中に登場する、とある人物からの視点。
「科学者」→「プログラマ」なり「SE」なり「IT技術者」なり「ギーク」なりに置換する。
トラウマ級に精神に刻み込まれた、戒めの言葉。

読んだ本

読書 参照

好きな絵師

  • 智内兄助
  • 清原啓子(銅版画)
  • 松井冬子
  • 冬目景(漫画家)
*1: 旧佐原市

プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 8
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 20:09:33
md5:12ea963638013043a5bf341e2967b5e9
sha1:b66d526b255977af256ed3676906c383e5708b45

技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ5(VirtualBoxの共有フォルダー)  

所有者: msakamoto-sf    作成日: 2015-03-16 19:55:12
カテゴリ: CentOS7 Linux VirtualBox 

CentOS7をVirtualBox 4.3.24 にインストールした、技術/VirtualBox/CentOS7インストール(2015-03時点)/メモ4(LVMでXFSのrootパーティションをマウントしたままオンライン拡張)の続きです。

今度はVirtualBoxの共有フォルダーを設定し、ゲストOSのCentOS7からマウントしてみます。

(全て表示する)
プレーンテキスト形式でダウンロード
現在のバージョン : 1
更新者: msakamoto-sf
更新日: 2017-02-12 19:57:24
md5:afe2e4e55192ebb35654298126724bee
sha1:d814d37259d62db3cdd1ed7a6c0452b0c7ff9d38